So-net無料ブログ作成

岸きゅん完投するも負ける…(´;ω;`) [岸タン]

前回の投球が2回で降板というワーストタイ記録だったので今日の試合はとても気になってた(((^-^)))

結果見るときの手がちょっと震えたもの。

1失点は知ってた。
休憩中に知ったから。
犠牲フライだったということも。

まさかこんな結果だとは思ってもなかった。・゚・(ノД`)・゚・。
つらいわ。・゚・(ノД`)・゚・。


完投して負けたの去年もあった気がする。
札幌ドームだったかな。


ヒットのあとの四球。
満塁になったのはナカジのエラーだった。
誰のせいとかそういうことを言いたいのではなくて、一つ一つのプレーが、そして一球が大事だということ。
1点の重み。

思い知らされた。

投手は0点に抑えたとしても勝てない。
野手が点を取ってくれなければ勝てないのだ。




渡辺監督コメント
岸は今シーズン一番のピッチングだった。
序盤に点が入らなかったのと、痛いミスが出てしまった。
岸は安定していたし、良いピッチングをしてたので何とか援護したかったけど、ちょっとかわいそうな感じ。


炭谷(岸に)「すごくいい球を投げていた。(点を取れず)申し訳ない」






チームプレーって本当に難しい。
応えたいのに応えれない。

昨夜浅尾きゅんの番組を見て、昌投手の勝ちを2回も消した浅尾きゅんの気持ちを考えたらつらかった。
チームメイトで合わせる顔がないよね。
そんな恥ずかしくて消し去ってしまいたい自分の力の及ばなさを自分でどうにかするしかない。

岸きゅんは前回の登板があったから絶対に今回は「前回みたいにならないようにと思っていた」と意気込んでいた。

人生はそう思い通りにはいかない。
こうやってうまく歯車がかみ合わなくて悔しい気持ちをすることなんてたくさんある。

でもここで投げ出して終わってしまうかどうかはその人の心持しだい。

いつだったか西口さんの勝ちを消してしまった牧田君だったっけ?
彼にかけた言葉で、「また次勝てばいい」って肩ぽーんとたたいたっていうのをどこかでみた。
牧田君はそれで心がふっと軽くなったと。

終わりなんかじゃない。
また次好投すればいい。
絶対に次はうちの野手たちが必ずや点を取ってくれる!
がんばろう!岸きゅん!
なにも嘆くことなんてない!


次よ!次!

ナゴヤドームで投げてくれる?(^-^≡^-^)
待ってるから!



パ・リーグ 2012/05/09(水)
▼楽 天-西 武 6回戦 (3勝3敗、Kスタ宮城、18:00、13875人)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
西 武 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
楽 天 0 0 0 1 0 0 0 0 x 1

【投手】
(西)岸-炭谷、星孝
(楽)川井、小山伸、ハウザー、青山-嶋

【責任投手】
(勝)川井2試合1勝
(S)青山12試合1勝1S
(敗)岸6試合3勝3敗





責任 選手名 回数 打者 球数 安打 三振 四死 失点 自責 防御率
●     岸   8   33  112  5   7    3   1   1   2.13


四球が3(((^-^)))
いつもと比べたらやはり多い…
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ