So-net無料ブログ作成

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々☆ [映画]

先週、パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々を観にいってきました(n*`ω´*n)
ギリシア神話大好きなので、観たかった作品でした(*´ω`*)
もうそろそろ終わっちゃうので、観たい方は急いで!(;`ω´;)
たぶん今週末ぐらいで終わる(;`ω´;)

100401_231208.jpg

100401_231222.jpg


☆あらすじ☆
17歳のパーシーは美術館での怪物に襲われたのを機に、自分が半神半人のデミゴッドだと知る。しかも彼は海神ポセイドンの息子で、全能の神ゼウスの最強武器である稲妻を盗んだ嫌疑をかけられているというのだ。そしてそのせいでパーシーの母親は冥界の神ハデスにさらわれてしまった。パーシーは身に覚えのない嫌疑を晴らし母親を助けるべく、親友で半人半獣のグローバー、アテナの娘・アナベスと共にハデスの元へと向かうが……。


原作が全米で人気のあるこちら(σ*`ω´*)σ
息子の寝物語に父親が作った本だそうで、シリーズになっています。
息子はこの主人公パーシーと同じく難読症だそうです。


パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃

  • 作者: リック リオーダン
  • 出版社/メーカー: ほるぷ出版
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 単行本



主人公パーシー・ジャクソンを演じるのは、ちょっぴりザック・エフロン似のローガン・ラーマン。
お肌つるっつるの少年ですwww
シリーズになりそうなので、今後の活躍にも期待です(*´ω`*)





オリンポス12神をまとめる全知全能の神ゼウスにはショーン・ビーン(*´ω`*)
そして、パーシー・ジャクソンのお父さんの海の神ポセイドンにはケビン・マクキッド (*´ω`*)
顔見ればわかるけど、グレイズ・アナトミーシーズン5に出演中のオーウェン・ハント先生です(σ*`ω´*)σ
あとROMAの主人公でした。
フィギュアのミキティFPの曲のドラマ(n*`ω´*n)

そして知恵と戦いの女神アテナはメリーナ・カナカレデス(σ*`ω´*)σ
CSI:NYのステラ・ボナセーラです(n*`ω´*n)
もともとギリシア系アメリカ人の彼女はあのくるくるのキレイな髪がアテナにピッタリで似合ってました(n*`ω´*n)

とまぁ海外ドラマファンにはたまらない配役ですw

他にもケンタウロスにピアース・ブロスナン。
そして見るものを石に変えるメドゥーサにユマ・サーマン(*´ω`*)

パーシーの仲間にサテュロスのグローバー、半人半獣足が山羊なのです。
なんで今ズボン脱ぐの!?が笑えたwww
アテナの娘、アナベスと共に、アメリカ横断しながら物語は進んでいきます。

神話ではメドゥーサを倒す時、楯に映してペルセウスは倒すけど、現代ではI Podを鏡の代わりにしたりw
ヘルメスの空飛ぶ靴はコンバースに羽が生えてるのwww
うまーーく現代っぽくアレンジされててウケました(;`ワ´;)

いきなりお父さんがポセイドンと言われてパーシー自身戸惑うけど、なんで剣がこんなに使えるのー?とか、This is a pen.とかほんとに普通の感覚なので笑えますw
いきなり言われて巻き込まれ系なんだけど、お母さんを救うためにがんばっちゃいます(*´ω`*)

ヒドラやケルベロスなどギリシア神話ではお馴染みのものも出てくるので、ギリシア神話好きな人にはたまらないかも(*´ω`*)

アメリカにパルテノン神殿があったのもビックリ。
なんとテネシー州ナッシュビルにパルテノン神殿のレプリカがあるんです!Σ(;`ω´;≡;`ω´;)
しかも原寸大Σ(;`ω´;≡;`ω´;)
さすがアメリカ、やることのド派手さが違います。
中にはアテナ像があるんです。
いいなー観にいきたい(((o(*`ω´*)o)))
ギリシアも行きたいけど、キレイに復元されているこちらも見応えありそう(n*`ω´*n)


そして冥界への入口はハリウッドの看板横にありますwww
アメリカ的で笑えるw

ハデスとベルセフォネはちょっとイメージ違ったけどw
冥界のイメージはすごく怖いけど美しかった。

そういえばお金燃やされちゃうところ、この不況時にと文句を言うグローバーに笑ったw


そしてオリンポスの丘はなんとエンパイアステートビルの屋上に入口がありますwww
おぉー私行ったことあるよw
あそこにあるんかい工エエェェ(;`ω´;)ェェエエ工
とまぁお決まりのツッコミは置いといて、エレベーターでオリンポスに着きますwww

そしてまるで聖闘士星矢の十二宮かと思うようなオリンポス宮殿Σ(;`ω´;≡;`ω´;)
オリンポス12神はかなりデカイ。
メインキャラのゼウス、ポセイドン、ハデス、アテネぐらいしか主に映らないけど、ほかにもヘラとかアフロディーテとかいた。

どんな困難があっても逃げずに立ち向かえば、必ずやその道は開かれるだろうという父親から息子へのメッセージはきっと作者が子供に向けても言いたかったことなんだろうな(*´ω`*)
友を信じて一緒に戦う、それは人生においても同じ。

子供向けのファンタジーなんだけど、ギリシア神話好きには楽しめる作品になっていたと思います(n*`ω´*n)
次回作にも期待してます(人*´ω`*)

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0